サイディング外壁のコーキングについて

外壁の洗浄が終われば塗装といきたいところですが、
とくにサイディング壁の家に住んでいる人は、
塗装の前にチェックしなければいけないことがあります。
それがコーキング部分。
コーキングとは、サイディングボードのつなぎ目の部分のことで、
シーリングとも言われています。
コーキングは、ボードとボードを接着させるだけでなく、
雨仕舞いのためにもとても重要な役割を持つ部分。
外壁塗装工事では、壁の上だけでなく、コーキング材の上にも塗料を塗布していきます。
とくに劣化が進んでいなければ問題はないのですが、
もしシールが劣化しているのにも関わらず、それを無視して塗装してしまうと、
雨漏りの原因となってしまい、どんどん住宅の防水性を下げてしまいます。
悪徳業者の中には、手間とコストを下げるために、
シールの劣化に気づいていても、わざと無視して塗装をするところもあります。
塗装をしてしまえばシールが劣化していてもわからないため、
絶好の手抜きポイントとする業者も多いのです。
コーキング材を使用しているのはサイディング外壁の住宅だけでなく、
モルタル外壁のひび割れ部分やタイル目地の補修などにも使用されています。

コーキング工事の方法は、「増し打ち」と「打ち替え」の二種類あり、
増し打ちはシールをすべて除去せずに上からシーリング材を足していく方法で、
打ち替えはシールをすべて除去した上で新しいシーリング材に入れ替える方法です。

補修が必要な部分や、劣化の度合いにもよりますが、
シールの傷みは、おもに紫外線の影響によるものであるため、
日光の当たりやすい部分のシーリングは打ち替えが必要な場合が多いですね。
また、新築から何年も経っているためにシールそのものが劣化していたり、
接着剤を十分に使わず工事されていたりする場合にも打ち替えが必要になります。
打ち替えをするには、
まずカッターなどでシール部分に切り込みを入れ、古いシールを除去していきます。
そして注入するシーリングが目地以外にはみ出ないように壁にマスキングテープを貼り、
目地にプライマー(接着剤)を塗布します。
プライマーを施さずにシーリング材を注入すると、
剥がれや隙間の原因となり、すぐにまた補修が必要となってしまいます。
接着剤を塗布できたら、シーリングの注入です。
注入後は、目地に隙間ができないようヘラを使ってきれいに整えていきます。
コーキング工事では、二面接着と三面接着とがありますが、
最近ではムーブメントの働きを阻害しないために、二面接着での施工が一般的です。
二面接着を施す際には、目地の底面にシーリングが接着しないためのボンドブレーカーが付いた
ハットジョイナーという建築用部材を使用します。
また、シーリング工事で使用するシール材には、
紫外線に強い変性シリコンと密着性に優れたウレタンがありますが、
外壁塗装工事では、後から塗布する塗料が紫外線からシールを守るため、
塗料との密着性を重視してウレタンを使用します。

コーキング工事では、補修する部分や工事方法、使用するシーリング材によって
費用が変わってきます。
現代家屋のほとんどで使われているシーリング材。
塗装工事を依頼するときには、コーキング工事の有無の確認と、
補修方法を事前に確認するようにしましょう。