バイオ洗浄の効果

外壁塗装の作業工程の中でも、とくに重要だとされる洗浄作業。
高圧洗浄機を使ってきちんと汚れを落とさなければ、
美しく仕上げて、その美しさをずっと維持することはできません。
外壁面の洗浄では、水のみを使った高圧洗浄が一般的ですが、
最近ではバイオ高圧洗浄が注目されています。

バイオ洗浄は、バイオ技術によって開発された植物性洗剤を使う洗浄方法です。
水のみの高圧洗浄は、外壁面の汚れを落とすことはできますが、
しぶといコケやカビを根こそぎ落としきることは不可能。
根をそのままにしておくと、すぐにコケやカビは発生し、たちまち塗料を浮かせて
劣化を早めてしまいます。
しかし、バイオ高圧洗浄を行えば、表面の汚れの除去はもちろんのこと、
細菌を分解除去し、かつ細菌の発生を抑制することもできるのです。
また、洗剤を用いることで洗浄時間の大幅削減も実現!
結果、下地処理にかかる時間全体が少なくなり、それだけ納期を早めることができます。
他にも、汚れをしっかり落とさなければ隠れてしまう小さな傷やひび割れを浮き彫りにすることができるので、
家の劣化を見落としたまま塗装してしまう心配もありません。

「外壁洗浄に洗剤を使う」と聞くと、
洗剤の飛散による植木やペットへのリスク、周辺住民への異臭被害を懸念する人もいますが、
お伝えしたようにバイオ高圧洗浄では「植物性」の洗剤を使うため、問題はありません。
また、エコの観点から考えても、非常に現代社会のニーズに合った洗剤であると言えます。
ただし、安さをウリにしている塗装業者では、
「バイオ洗浄」と紹介しながらも、実は安価な石油系洗浄剤を使っている場合もあります。
石油系洗浄剤は洗浄力が非常に高いですが、
万一飛散した場合、植木やペットに悪影響を及ぼしてしまったり、
周辺に石油独特のツンとした臭いをまき散らしてしまいます。
施工前に必ず「バイオ洗剤を使うかどうか」を確認しておきましょう。

洗浄効果が高く、人にもペットにも環境にも優しいバイオ洗浄ですが、
もちろんデメリットもあります。
それは、洗浄剤をきちんと落としきれていなければ塗料の付着を阻害してしまい、
下塗り作業をうまく進めることができないということです。
そうなってしまっては、せっかく美しく仕上げるために行ったバイオ洗浄も意味がありません。
また、特殊な洗剤を使うバイオ洗浄は、通常の高圧洗浄よりも1.5~3倍高い費用がかかります。
コケやバクテリアによる汚れがひどくない場合は、通常の高圧洗浄で十分でしょう。
外壁塗装の見積もり依頼をする際には、
バイオ洗浄と通常の高圧洗浄両方の見積もりを出してもらい、
汚れのレベルや費用を十分に考慮した上で判断してください。