足場の組み立て

外壁塗装工事をするために最初にしなければいけないのが「足場の組み立て」です。
足場は、建物の高い部分や細かい部分の塗装をするには欠かせないもの。
コストを下げて集客をするために、
足場なしの塗装工事を提案したり、
DIY塗装で用いるような簡易足場の使用をする塗装業者も多いようですが、
しっかりとした足場なくして外壁塗装を成功させることはできません。
職人に安全・安心な塗装工事をしてもらうためにも、
足場についてきちんと把握しておきましょう。

足場はいくつか種類があり、種類ごとに特徴や費用が異なります。

昔からさまざまな工事で使われてきたのが「丸太足場」。
丸太足場とは、その名の通り丸太を使って組まれた足場のことです。
組み立てるのに必要な材料が少ないため、いまだに使っている業者も多いですが、
安全性やエコの観点から、現在ではほとんど使われることはなくなりました。

現在では、「単管足場」、「単管ブラケット足場」、「クサビ足場」が主流となっています。
①二本のパイプを使ったもっともシンプルな「単管足場」
単価は1㎡あたり600~800円と安価ですが、
支えとなるのは二本のパイプのみであるため、
安定性に乏しく、作業効率が低下してしまうというデメリットが。
そのため、採用する業者は少なくなっています。

②現在もっとも使用されている「単管ブラケット足場」
二本のパイプの上に足場板を設置し、金具でしっかり固定するため、
強度が高く、安全性も抜群。
高所作業もしやすいと言われています。
ただ、作業量が増える分、単価は1㎡あたり700~1,200円と単管足場よりも高くなります。

③ハンマーを使ってブラケットを固定する「クサビ足場」
足場の中ではもっとも足を乗せる部分が広いため、一番ラクに作業ができる足場です。
中層・低層建物の塗装工事に向いており、
設置が簡単なので納期の短縮をすることができます。
単価は、1,000~1,200円です。

施工前の説明時には、どの足場を使うかをしっかり確認してください。
足場代の安さから単管足場を希望するお客様も多いですが、
お伝えした通り、単管足場は危険性が高く、作業効率が悪いために、
工事日数が長引く可能性があります。
つまり、単価は安くても、工事日数が増えると全体の費用は高くなってしまうのです。
依頼する業者にもよりますが、できるだけ単管ブラケット足場やクサビ足場を選ぶ方が良いでしょう。

また、見積もり依頼前には、足場代がどれぐらいかかるかを自分で確認しておくことも必要です。
足場代は、設置する面積と採用する足場工法によって異なります。
設置する面積は、【(建物外周+8m)×建物の高さ】で算出することがき、
これで得た数値に採用する足場の単価をかけると足場代がわかります。
足場の単価は業者によってさまざまであるため、
あくまで算出結果は目安となりますが、
塗装業者選びや、費用交渉、資金の準備に役立てるためにも、
あらかじめ必要な費用をチェックしておきましょう。