吹き付け塗装の特徴

外壁塗装工事も最終段階に入ると、より美観性を上げるために仕上げの塗装をします。
仕上げ方法は、「吹き付け塗装」と「ローラー塗装」の二つのパターンがあり、
外壁に施したい模様や、周辺環境、使用する塗料の量に合わせて選択します。

吹き付け塗装は、塗料を霧状にして外壁に吹き付ける方法です。
メリットとしては、広範囲の塗装を短時間でできること、
リシンやスタッコを容易に作り出すことができることが挙げられます。
リシンとは、砂壁状にアレンジを施したもので、
使用する塗料は多いものの、複雑な模様作りをする必要がないため、
外壁塗装の中では一番安価です。
スタッコは、リシンを厚塗りしたような模様で、
非常に重厚感ある雰囲気を演出することができます。
リシン、スタッコともに、昔からモルタル外壁の家ではよく採用されてきた模様で、
現在でもとても人気のある模様です。
吹き付け塗装では、リシン、スタッコの他に、ジョリパットやタイル吹きなど、
多彩な凹凸模様を作り出すことができます。
しかし、吹き付け塗装の場合、
実際に外壁の模様となるのは飛び散る塗料の半分以下であるため、
非常に無駄が多いのが難点。
また、目的とする外壁だけでなく、周辺の建具や植木、車などにも塗料が飛び散る恐れがあります。
しっかりと養生しなければいけないのはもちろんですが、
養生を頑丈に施したとしても飛散によるリスクをすべてなくすことはできません。

一方、ローラー塗装とは、塗装専用のローラーを使って外壁に直接手塗りしていく方法です。
ローラー塗装の場合、吹き付け塗装のように塗料をスプレーするわけではないため、
塗料が飛散することはほとんどありません。
ローラー塗装でも養生をしっかりしますが、
周辺への飛び散りを心配することなく塗装することができるため、
絶対に汚してほしくない物がある場合や、近隣住宅とかなり隣接している場合にはピッタリです。
また、高い場所や細かな部分の塗装にも向いています。
そして、飛び散りが少ないので塗料の無駄も大幅に減らすことが可能です。
家の模様とならない塗料にまでお金を払わなければいけない吹き付け塗装に比べると、
ローラー塗装の方がかなり経済的だと言えるでしょう。
そして、ローラー塗りをするには濃くて粘度の高い塗料を使う必要があるため、
何度も重ね塗りしなくても簡単に厚塗りすることができるのも良い点。
厚塗りすることで施工後の耐久性がアップし、長く美しい外観を維持します。
ただ、短時間で広範囲の塗装ができないことと多彩な模様を作ることができないのがデメリットです。

このように、吹き付け塗装、ローラー塗装ともにメリット・デメリットはありますが、
リシンやスタッコのような模様をつけたいと強く希望しないのであれば、
正直なところ吹き付け塗装はおススメできません。
周辺の配慮や、経済面、細かな部分への塗装などを考えると、
ローラー塗装を選ぶ方が良いでしょう。
しかし、ローラー塗装は業者の技術によって仕上がりが大きく異なります。
ローラー施工の実績が十分にある塗装会社を選ぶようにしましょう。