養生・ケレンなど塗装時の下地処理について

外壁塗装工事において、塗料を塗布していく前に必要なことと言えば、
養生やケレンなどの下地処理です。
養生とは、塗料の飛散防止のためにビニールやマスキングテープ、ネットを使って塗装部分以外をカバーすること。
外壁塗装工事を行う際には、窓やドアなどの外壁に隣接している部分だけでなく、
周辺の植木や車、場合によっては近隣住宅にも養生を施すこともあります。
養生は、ただビニールやテープで覆うだけと簡単に思ってしまいますが、
実はそうではありません。
うまく養生できるかどうかで塗装工事の質が違ってきます。
養生シートを塗装面の境目に合わせてピッタリと貼りつけることができなければ、
仕上がりはぼやけた印象になってしまいますし、
誤って不必要な箇所にも塗装をしてしまう可能性もあります。
また、適当な養生は非常にリスキーで、
長時間植木や車を養生シートで覆ったままにすると、
植木は枯れてしまい、車の塗装は剥がれてしまうこともあります。
さらには、室内のエアコンを付けたまま室外機に養生を施すと爆発してしまう危険性も!
養生は手抜きをする業者も少なくないのが事実。
ビニールで塗装しない面を覆っておけばちゃんと保護しているように見えるし、
実際塗装業者の中でも養生に重きを置いていないところも多いからです。
しかし、お伝えしたように、養生の手抜きは、塗装の仕上がりを左右するだけでなく、
人体の危険性にもつながります。
養生をする際には、業者任せにするのではなく、できるだけ立ち会ってチェックするのをおススメします。

また、下地処理で大事なのがケレンです。
あまり聞き慣れない言葉なので知らない人も多いかと思いますが、
塗膜の密着性を高めて剥がれを防ぐため、また仕上がりを美しくするために行われます。
ケレンはとくに鉄部を塗装するときに行われ、
錆びや汚れを除去したり、塗料の密着を良くするために敢えて傷を付けたりします。
ケレンには1種~4種のレベル分けがされており、
1種ケレンはブラスト法や酸洗浄によって、とくに劣化が進んだ部分を徹底的にきれいにします。
しかし、非常に高額で、かつ酸洗浄にはリスクが伴うため、現在ではほとんど行うことはありません。
2種ケレンは電動工具を使って錆びを落とす方法で、
全体的に錆びがある場合や、腐敗が進んでいる場合に効果的。
1種ケレンほど高額ではありませんが、板金交換するよりも費用がかかるため、
一般住宅では推奨されません。
3種ケレンはスクレパーややすりを使って手で錆びを落とす方法で、
部分的に錆びが発生している場合に適しています。
4種ケレンはほとんど錆びがない状態で、ほうきや洗浄機などで汚れを落とす方法です。
一般住宅の塗装前では、ほとんどの場合で3種または4種ケレンをします。

ケレンは鉄部分の塗装前には必要不可欠な作業。
十分なケレンをしなければ、サビ止め塗料や耐久性のある塗料を使ったとしても意味がありません。
もちろん、仕上がりも大きく異なります。
外壁塗装依頼時には、必ずケレンをしてくれるかどうかを確認するようにしましょう。